ビンテージカー愛好家向けの豊かな専門知識やサービス、空間、そして車関連商品を提供

ログイン 新規メンバー登録 English Site

さらに惹かれるバンクシア

2020年9月17日

バンクシアやメラレウカなどオーストラリア原産の植物の生産家、福岡の両筑植物センターさんを訪ねてまいりました。

こちらで大切に育てられてきた植物をCRANKでは取り扱いさせていただいております。

現在、某所に施工中のガレージにバンクシアなどを植栽するプロジェクトがあっての訪問でしたが、バンクシアなどオーストラリア原産のものだけではなく、珍しい斑入り植物の数々、

代表が山で採取し命名されたフジなど、初めて目に触れるものばかりでテンションがあがりっぱなしでした。

どの植物もエネルギーに満ちていて、丁寧に大切に愛情をもって育てられていることがよくわかります。

CRANKで取り扱いさせていただいている感謝と同時に、より大切に、それをお客様につないでいかなくてはと、身が引き締まる思いで一杯です。

代表の奥様には本当に丁寧にご案内いただき、代表にはその植物の特性や名前の由来など優しくご説明いただきました。ご対応ありがとうございます!

また、代表がビンテージ・カー好きでいらっしゃることもわかりました。

現在、CRANKのマッチング・サービスで紹介しているクラッシック・ポルシェ、フィアットや進行中のリストア・プロジェクトなど、短い時間でしたが車談義に花が咲きました。

来店されるお客様がバンクシアなどに心惹かれるのも、代表の志向がその背景にあるのかもしれない…..と帰りの飛行機でふと思ってみたり…。

育てられた植物たちとビンテージ・カーが同じ空間にあるCRANK店舗やガレージを、代表には是非体験していただきたい、新たな目標ができました。東京での再会を楽しみにいたしております!

CRANKでは、今後もバンクシアなど順次入荷予定です。楽しみにお待ちください。

そして現在、某所で進行中のガレージ・プロジェクトもあらためて後日、こちらでご紹介予定です。

Hayashi

見事なヘアピンバンクシア。
姿が日本の庭園にあっても全く違和感ありません。その和のテイストが惹かれるポイントなのかもしれません。
スノーインホワイトです。
これも見事な樹形です。6月に綿雪のような花をつけるとのこと。これをガレージを囲むように植栽予定です。
博多に寄った際に”LIGHT YEARS”さんに寄らせていただきました。
なんと、店前に見事なバンクシアが……。偶然にもこちらも両筑植物センターさんが手掛けたものでした。カッコいい!!!