ビンテージカー愛好家向けの豊かな専門知識やサービス、空間、そして車関連商品を提供

ログイン 新規メンバー登録 English Site

Gクラスはいい車

2020年8月13日

20代会社員時代、どんな車を買おうか毎日書店で自動車雑誌を読みあさってはその候補が行ったり来たりしていた時の事を、たまに思い出す事があります。

最近当時の事を思い出すきっかけになったのが、W460ゲレンデヴァーゲン。
いつも通りCRANKカーマーケットの撮影の時でした。

当時お世話になっていた先輩から「俺のクルマ買わない?」と言われた私は、急遽ショートボディのGクラスと1週間ほど過ごす事になり初めてのSUV(当時は四駆と言っていたかも)を体験することに。

イタフラの小さな車に目がなかった当時としては急に大人になった気分を味わい、どんな車かなんてすっかり忘れ、優雅?な1週間はあっという間に過ぎていたと思います。

今思い返すと、直ぐに思い出すのは最初に目に入ってきた洒落たチェックのファブリックシート、それから乗り出すとなかなかトルクフルなエンジン、あとは初めてのSUV的な目線、そのくらいしか記憶になく…

結局あの時はそれほど興味が無かったのかもしれません。
実際、その後に手にした車はアウトビアンキA112ですから…間違い無さそうです。

今では都会で1日に1台は見かける程人気なメルセデスベンツのGクラス、この人気ぶりはやっぱりいい車って事ですよね!
少しだけ当時選ばなかった後悔の念に駆られつつ、あれから20年、未だに欲しい車の候補が行ったり来たりしている毎日ですが… もし候補にあって、W460のGクラスを選んだとしたら、

MTBを積んでトレイルライドにでも出かけたい、そんなイメージの車です。

Hayashi

いつもビンテージカーの板金でお世話になっているガレージ・タカギさんでのショット
ミュンヘンの取引先を訪問した時の写真、ナローボディはやっぱりこう言う景色にマッチしてます