We offer rich expertise, services, space, and car-related products for classic car enthusiasts

Sign In Sign Up 日本語サイト

NEWS

ニュース

2023年1月15日

この人にこの車 vol. 21『Daimler Majestic 1995』

CRANK TOKYOで出会ったオーナー様とその車についてご紹介をさせて頂きます。本シリーズの第21回目は、穂苅さんと、1995年式のディムラーマジェスティックのご紹介です。 映像撮影の現場で照明技師をされている穂苅さん。少し前と比べて、クリエイティブな現場では旧い車に乗られている方が増えてきているそうです。 穂苅さんとCRANK TOKYOの出会いはインスタグラム。穂苅さんのお知り合いの、この人にこの車 Vol.1でご紹介させて頂いた、スタイリストの服部さんがCRANK TOKYOにてお車をお選び頂いたことを知り、穂苅さんも少しずつ車を探し始められたそう。 色々と車を探す中で、セダンタイプの車にピンときたという穂苅さん。中でもこのマジェスティックは細かい年式や車の背景ではなく、全体の雰囲気を気に入ってお選び頂いたそうです。穂苅さんのフラットな目でお選び頂いた車に間違いはないと思います。ご家族で出掛けられる際や、照明技師のお仕事は現場での仕事やロケハンなども頻繁にあるようで、マジェスティックを仕事での移動に使われるそうです。 そして、穂苅さんがマジェスティックを選ばれた理由はもう一つ。4歳と2歳になられるお子様の記憶にマジェスティックを残したいと感じたとお話し頂きました。皆様も、ご自身のご両親が乗られていた車の記憶は少なからずあるかと思います。穂苅さんにお話を伺う中で「親父の車カッコ良かったな」と思い出すことができる未来はとても豊かなものだな、と感銘を受けました。 マジェスティックの持つV12エンジンの余裕や、抜け目のない上質さからなる風格は間違いなくご家族の記憶に残るものだと思います。 この度はCRANK TOKYOにてお車のご紹介をさせて頂きありがとうございました。今後もカーライフのサポートをさせて頂ければと存じます。 これからも、車と人のお話を掲載して行く予定です。次回もお楽しみに。

2023年1月9日

この人にこの車 vol. 20『innocenti mini minor mk2 1970』

山口県は下関にお住まいで、車だけでなくバイク、サーフィンもお好きな吉田さん。車は特にイタリア車がお好きで、普段は124spiderにも乗られており、instagramをチェックしているとCrankのアカウントを発見。「琴線に触れる車がたくさんあって、なんだか気になる!」と感じてお問い合わせをくださったそうです。 ABARTHのようなちょっとやんちゃな車も好きで、初めはminiは購入の選択肢にはなかったと話す吉田さん。遠く山口から神保町のお店にも足を運んでいただき、色々と見ているうちにイタリアンミニという意外性とカラーに惹かれていったそう。モダン・クラシックカーは持って眺めるだけでなく、運転の楽しさもやっぱり大事。試乗の際、皇居周りを走行した体験も、購入の決め手だったそうです。 以前からオフロードバイクにも乗られているほどバイク好きな吉田さん。いつかお持ちのバイクと車を並べてカフェをしたいと、場所を探しているところなのだそう。1年待ちで納車されたというこちらのバイクは、世界的にも著名な広島の「平和モーターサイクル」でカスタムしたもの。偶然にもグリーンの車体が揃いました。 美しい海が広がる下関。クラシックカーをお持ちのご友人やminiに乗っているお知り合いもいらっしゃるそうで、定期的にミーティングが開催されたり、山口県内の名所と風光明媚なポイントを巡る「ジーロ・ディ・ミネ」というイベントも毎年開催されているとのこと。短いサーフボードをminiに載せて趣味のサーフィンへ繰り出したり、いつか営業のお仕事に乗って行きたいと、これから始まるminiとの生活に笑顔が溢れる吉田さんでした。 この度はCrankTokyoにてお車のご紹介をさせて頂きありがとうございました。今後もカーライフのサポートをさせて頂ければ幸いです。 これからも、車と人のお話を掲載して行く予定です。次回もお楽しみに。


2022年12月28日

この人にこの車 vol. 19『LandRover RangeRover Vanden Plas 1994』

CRANK TOKYOで出会ったオーナー様とその車についてご紹介をさせて頂きます。本シリーズの第19回目は、上垣内さんと、1994年式のレンジローバー バンデンプラのご紹介です。 京都でウェディングのフォトグラファーをされている上垣内さん。京都は特有の場所柄もあり、ウェディングフォトを撮影したいお客様が多いそうです。京都にスタジオを構え、普段から創造的な毎日をすごされている上垣内さん。バンデンプラと過ごす時間についてお話をお伺いしてきました。 上垣内さんとCRANK TOKYOの出会いはインスタグラム。当初はランドローバーディフェンダーについてのお問い合わせを頂いていましたが、お話を進めてくうちに、以前からレンジローバーのバンデンプラもお探しされていたことが分かりました。丁度CRANK TOKYOにてご紹介できる車両があり、急遽バンデンプラをご紹介させて頂き、この度ご納車をさせて頂きました。 1970年代に発表された初代レンジローバーは、機能美を極めたデザインが評価され、工業製品として初めてルーブル美術館にて展示されました。上垣内さんがこの車に憧れられていたのも、このことが理由の一つにあったそうです。 上垣内さんはそんなバンデンプラを普段の通勤の足として使われています。片道一時間弱、一人の時間を心地よく過ごすためにバンデンプラを選ばれたそうです。運転をすること自体はもちろん、道中で軽く食事をとったり、この通勤時間は上垣内さんにとって頭の整理ができる大切な時間。車は部屋などの大きな空間よりも、自分で把握できる規模感の空間が落ち着くとお話をして下さいました。様々な車との付き合い方がある中で、こうして普段の移動の時間そのものに価値を見出されている視点はとても素敵でした。 この度はCRANK TOKYOにてお車のご紹介をさせて頂きありがとうございました。今後もカーライフのサポートをさせて頂ければと存じます。 これからも、車と人のお話を掲載して行く予定です。次回もお楽しみに。


2022年12月17日

この人にこの車 vol. 18『AlfaRomeo GT1300Jr 1973』

CrankTokyoで出会った車とそのオーナー様についてご紹介をさせて頂きます。本シリーズの第18回目は、株式会社ランケット代表の松本雅幸さんと、1973年式のAlfaRomeo GT1300Jrのご紹介です。 ファッションやアウトドアグッズ等の企画プロデュースをされている松本さん。もともとキャンプが趣味だったということもあり、お持ちのお車はキャンプ仕様のおしゃれなものばかり。Range Rover,  DIFENDER 90、Ford econoline、 キャンピングトレーラー(アメリカのカシータトラベルトレーラー)の中に、新たにGT1300Jrが加わることとなりました。 丸目2灯のビンテージカーを探していたという松本さんですが、マニアックすぎない車というのも大事なポイントだったそう。68年のお生まれということもあり60〜70年代の車に絞って探していく中で出会ったのが、このGT1300Jrでした。同じヴェルデピノのカラーで段付きの個体も候補にあったそうですが、フラットノーズを見て迷いは無かったそう。「マニアではないので、デザイン重視なんです」と話す松本さん。ガレージに入る黄色のRange Roverとも相性抜群です。 日本では人気の段付きですが、「あえてフラットノーズというところが嬉しい」と話す松本さんは、DIFENDERも110ではなく90を選択。キャンピングトレーラーには、いちばん小さな13フィートのものを選ぶなど「あえて」の視点で車を選んできたそう。スポーティーではなくノーマルに乗りたかったという点でも、このフラットノーズのJrは”ちょうどいい”選択だったようです。 初めはファッションから始まり、キャンプ道具のプロデュース、そして次は車を盛り上げようと企画を続ける松本さん。好きなことを次々と仕事にしていく姿は輝いていました。GT1300Jrは今後、普段使いはもちろん、イベントやキャンプにも連れて行かれるとのこと。ビンテージカーとキャンプの組み合わせから生まれる新しい景色。私たちもとても楽しみです。 この度はCrankTokyoにてお車のご紹介をさせて頂きありがとうございました。今後もカーライフのサポートをさせて頂ければ幸いです。 これからも、車と人のお話を掲載して行く予定です。次回もお楽しみに。


2022年12月7日

この人にこの車 vol.17『FIAT 600D 1963』

CrankTokyoで出会った車とそのオーナー様についてご紹介をさせて頂きます。本シリーズの第17回目は、西麻布のバーQWANG(クワン)のオーナー、長谷川さんご夫妻と、1963年式のFIAT600Dのご紹介です。 西麻布で20年以上続くバーのオーナーである長谷川さんご夫妻。バーテンダーの旦那様とタイ料理シェフの奥様で切り盛りされていらっしゃいます。”バーでタイ料理”という珍しい組み合わせですが、根強いファンも多く、知る人ぞ知る隠れた名店です。店内には旦那様がセレクトしたセンスの良い音楽が流れ、海外からのお客様も多く訪れます。実はCrankの店内BGMを選んで下さっている旦那様。バーに並ぶ沢山のCDからも、音楽への愛が伝わります。 いつかヴィンテージカーに乗ってみたいという気持ちが以前から有られた長谷川さんご夫妻。以前はマニュアルのカローラに乗られていたという奥様ですが、今回がなんと30年ぶりのマニュアル車。さらに運転も5年ぶりとのこと。「運転ができなくなって、ひとりでどこにも行けなくなったら…」という思いが強くなり、「今運転しないとできなくなる!」と思い立ったそう。この600Dは定期的にメンテナンスされていたということもあり、かなりコンディションのよいお車。試乗していただいた際にそれを感じていただき、安心感につながったようです。 クルマが気になる理由はわからないけれど、とにかく可愛いクルマが好きだと話す奥様。10年ほど前、FIAT 500に乗ってみたいと思い、専門店で試乗をしたこともあるそう。FIAT 600は、FIAT 500の設計の基礎となったクルマ。前開きのドアは、この1963年式までの個体にしかない特徴です。今はめったに体験することがない前開きドアですが、乗り降りがしやすく、茶道が趣味の奥様の和服にもぴったりマッチしました。 納車当日、久しぶりのクルマとの対面に「かわいい!」と笑顔が止まらない奥様。初めての遠方ドライブは、週末に横浜の整備工場までご挨拶に伺ったそう。これからは平日にちょっと買い物に行ったり、休みの日にはすこし遠くに行ってみたり。いつかキャンプにも行ってみたいと、お話くださいました。 この度はCrankTokyoにてお車のご紹介をさせて頂きありがとうございました。今後もカーライフのサポートをさせて頂ければ幸いです。これからも、車と人のお話を掲載して行く予定です。次回もお楽しみに。

2022年11月19日

この人にこの車 vol.16『FIAT850 Special 1971』

CrankTokyoで出会った車とそのオーナー様についてご紹介をさせて頂きます。本シリーズの第16回目は、有限会社ルフトツーク代表の遠藤豊さんと、1971年式のFIAT850 Specialのご紹介です。 元々はダンサーをされていたという経歴から、現在は舞台芸術をはじめとしたディレクションのお仕事をされている遠藤さん。納車当日もテクニカルディレクターとして携わる舞台の真っ只中。舞台だけでなく、美術館での展覧会や企業のイベントブースのディレクション、アイデアに対する技術的な部分のサポートやキャスティングなど、お仕事は多岐に渡ります。 車好きは昔からですかと伺うと「昔は車を移動手段として見ていたんです」と遠藤さん。現在はライトブルーのVOLVO 240も所有されている遠藤さんですが、車が気になるようになったのは、カーデザイナーをされているご友人の影響なのだとか。Crankを知ったのは、そんなご友人の皆さんに誘われてオートモビルカウンシルというイベントに出向いたことがきっかけだったそう。その後ホームページに掲載されていた850にお問い合わせをいただいたのが始まりでした。 舞台の公演などで日本全国だけでなく、世界を飛び回る遠藤さん。イタリア出張の際に見たfiat 128 familiareに惹かれ、その印象が記憶に残っていたのだそう。海外出張の際の移動はほぼレンタカーだそうですが、やはりヨーロッパでの運転はほとんどがマニュアルなのだとか。普段から運転の機会が多い分、日本にいる時は毎日車移動。850に乗る機会もたくさんできそうです。 荷物がたくさん積めるため当時は「家族で旅行ができる車」と謳われていたという850。リアエンジンのため、フロントに設けられたトランクには「思ったより広い!」と誰もが驚きます。荷物はトランクだけでなく、リアパーセルシェルフにもキャリーケースが乗るほど。取材当日も次の移動のためのスーツケースとバッグをお持ちでしたが、どちらもトランクにすっぽり。小さいのに思ったより荷物が乗るというのもこの車の素敵な特徴なのです。 長い期間、自宅を不在にすることも多い遠藤さんですが、不在の間は車好きのご友人の皆さんが850を維持してくださるとの心強いお言葉が。crankもその中のひとりとして、これからもサポートをさせていただきます。 この度はCrankTokyoにてお車のご紹介をさせて頂きありがとうございました。今後もカーライフのサポートをさせて頂ければ幸いです。 これからも、車と人のお話を掲載して行く予定です。次回もお楽しみに。