We offer rich expertise, services, space, and car-related products for classic car enthusiasts

Sign In Sign Up 日本語サイト

NEWS

ニュース

News

2021年7月10日

今月のBGM July 2021

小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。皆様いかがお過ごしですか。CRANKでは毎月店内BGMを西麻布にお店を構えるQWANG(クワン)のオーナ・バーテンダー長谷川さんに選曲いただいてます。店内では、「今月の3枚」というコンセプトで毎月ご紹介しております。 1998年、オル・ダラが57才の時にリリースしたファーストアルバム。オル・ダラは1941年にミシシッピ・ナチェズに生まれ幼少時からクラリネットやコルネットを始め、18才から4年間海軍に入る。海軍生活ではアフリカやカリブ、ヨーロッパに駐留して軍のジャズバンドとして各地の音楽に触れ多様な影響を受け、除隊後はニューヨークに移り住みアート・ブレイキーのバンドに参加した事をきっかけに以来30年以上様々なミュージシャンのバックでコルネット奏者またはギタープレイヤーとして参加しています。内容はタイトルが表すように、デルタ・ブルースからカリブ、アフリカ、ニューオーリンズ、そしてジャズといった多彩な楽曲がアルバムジャケットの写真と同じくとてもリラックスした雰囲気で録音されています。②はこの時期になると聴きたくなります。 キューバのベイシスト、オルランド・カチャイート・ロペスが69才の時にリリースした2001年のファーストアルバムです。 カチャイートは1933年にハバナで音楽一家の家に生まれ幼い頃からヴァイオリンやチェロなどの楽器に触れ10代の前半には家族のすすめもあって本格的にダブルベイスを弾き始めます。カチャイートの家系には叔父にキューバの伝説的なベイシストでありコンポーザーで「マンボ」を作ったと言われているイスラエル・カチャオ・ロペス、もう一人の叔父にキューバの国立シンフォニー・オーケストラなどで活躍したベイシストのオレステス・マチョ・ロペス達がいて彼らが家系からベイシストを絶やしたくなかった為カチャイートにベイスを弾くように仕向けたそうです。17才でキューバで最も人気のあった”ダンソン・マンボ”のオーケストラのメンバーになり鮮烈な歓迎を受けます。50年代には即興ジャズとアフロキューバンを合わせた音楽の誕生に関わり、これは後に60年代のニューヨークでのサルサの発信につながることになります。カチャイートの名前を世界に知らしめるきっかけになったのは、1997年にライ・クーダーがプロデュースした『Buena Vista Social Club』でした。 このアルバムでは50年代から60年代にかけて活躍したキューバの伝説的な歌手や楽器の演奏者達が集められ、ソンやダンソン、トロヴァ、ボレロなどの古典的なキューバ音楽を収めたアルバムで世界中でヒットしました。99年にはヴィム・ヴェンダース監督によってアムステルダムとニューヨークでのツアーの模様やハバナでの様子を描いた同名の映画が公開され大変話題になりました。ちなみにタイトルにもなっている「ブエナ・ヴィスタ・ソシアル・クラブ」はカチャイートの伯父のカチャオとマチャが1937年に作った曲です。 アルバム『Cachaito』では叔父達が作った古典的なキューバ音楽から彼が敬愛するジャズ、さらにはHip-Hopのアレンジまで音楽性の豊かさを感じると共にベイスを演奏するのが楽しくてしょうがないというようなメッセージに溢れています。このアルバムから8年後の2009年2月にカチャイートは76才でこの世を去りました。 カエターノ・ヴェローゾが2000年にリリースした作品です。1942年にブラジル・バイーア州で生まれ67年に同じバイーア出身のガル・コスタとのデュエットアルバム「Domingo」でデビュー。ビートルズなどのロックに影響を受け盟友ジルベルト・ジルらと「トロピカリズモ」と呼ばれる芸術運動を始める。この運動は次第に1964年にクーデターにより始まった軍事政権への反政府運動へも発展し遂に68年12月にジルと共に逮捕され約2ヶ月間収監されてしまう。翌年には釈放されるがジルと共にイギリスへ亡命し72年にブラジルに帰国するまで約3年をロンドンで過ごしました。帰国後の作品はアルバム1枚毎に異なる表現でときに難解ともとれる作品がありますが、常にあるのは故郷バイーアへの回帰のようなものをどこかで感じます。21世紀の幕開けに登場したこのアルバムではアフロ・ブラジリアンのルーツを持つ自身のアイデンティティ(バイーアは砂糖やコーヒーの生産の為300年以上続いたブラジルでの奴隷制度の始まりの地でもあった)とロックンロール、映画やアートへの愛がつまった作品で自身の息子であるモレーノや他の若手ミュージシャンを多く起用した未来のブラジルへのポジティブなメッセージでもある名盤です。

2021年7月4日

Correction and apologies

Thank you for visiting our website. An Instagram user pointed out that there was an error in the caption of our posts of June 2nd and 6th regarding the mileage of the Porsche 914 2.0 Phoenix red, which is also published on the Car Market page of this website. We apologize for the inconvenience and […]


2021年6月15日

カー・マーケット更新しました

CRANKが自信をもっておすすめするクルマ達です。 PORSCHE 914昨今、1.7、1.8Lより価値の上がってきている、2.0 injectionモデルとなります。 MAZDA RX-7初代サバンナSA22CのRX-7です。当時最上位グレードのSEリミテッド! 販売価格や詳細に関して詳しくはCAR MARKET のページでぜひ!↓CAR MARKET Mercedes Benz G500Lホワイトとマットブラックのありそうであまり見かけない組み合わせが洗練さを引き立てています。 FIAT 500 Lイタリア本国やヨーロッパに留まらず、どこに行っても人気者のFIAT 500。 販売価格や詳細に関して詳しくはCAR MARKET のページでぜひ!↓CAR MARKET


2021年4月26日

LandRover Defender 110

カー・マーケットに掲載中のこのDefender110。 オリジナルのガンメタのボディー・カラーと白のルーフは大人の色合わせです。普段使いはもちろん、山や海にどこへでもあなたを連れて行ってくれますよ。 フルフラットになる室内。サブ・バッテリーが付いていますので、キャンプのライティングなど電源ニーズが多くて安心。 キャンピングカーとしても申し分ない装備がついて、それを感じさせない佇まい。 アウトドアにはもちろん、普段使いにも。街中を走る110も素敵ですよ。 CRANKがお薦めする理由は内装にもございます。 個人的に最大の課題と思っている暖房もしっかり効くようになっていますよ。どこまでもいつまでも乗り続けられる仕様になっています。 普遍のフォルム。安定したBMW Td5エンジン。そして最後に…嬉しい首都圏登録可!今後、これ以上拘りのDefenderとは出会えないかもしれません。 ホントにお薦めの一台です。現在、CRANKのお店でご覧にいただけます。 さあ、いまのうちにご準備を。


2021年4月25日

Innocenti Mini Minor Mk2 (850)

innocenti miniがCRANKのお店でご覧にいただけるようになりました!! ヴィンテージ・スクーターがお好きな方だと、ベスパと人気を二分した”ランブレッタ”をご存知かと思います。そのランブレッタの製造メーカーがイノチェンティ。 そして、そのイノチェンティはクルマも製造していたんです。 シャーシやエンジンはイギリスから、でもグリルなどの部品はミラノで製造して組み立てまで行っていました。”イタリアン・ミニ”とも呼ばれています。 Verde(ヴェルディ)カラーのこの一台。2人のオーナーに引き継がれてまいりました。 最初のオーナーはベネツィアの女性。新車から44年間も大切に所有され、そのオーナーの好みで1300Cooper(輸出用)に装着されていたディープディッシュのワイドアロイホイール、ホワイトルーフ、3色のリアテールにアレンジされています。 2013年、イタリアのヒストリックカー認定(ASI)にも登録されています。 2014年にベローナのオーナーに引き継がれました。オーナーは大切に保管されながら、主にイタリア各地のクラシックカーラリーで走ること楽しんでいらっしゃいました。 希少で良好なコンディションを保っている一台です。 実物をご覧にならないとこのVerdeカラーの微妙な色合いはお伝えしづらいです。 こんなステキな一台に、あなたのヒストリーを加えてみませんか? CRANKのお店では、引き続き一組様のみのご入店とさせていただいております。 予めのご予約をいただければ、お待ちいただくことなくご入店いただけます。 ご予約いただければ幸いです。また、お車は店先に駐車いただけます。 ご来店をお待ちいたしております。

2021年4月24日

Mercedes Benz G500L

日本で大人気のSUV 今や本家ドイツを超えているのでは?と思うくらいに街ですれ違いますよね。 日を追うごとにその人気は増しているようにも感じています。 この個体は今どきの装備を施しておりながら、それほどコテコテではなく、街中でもサラッと乗れる仕上がりの1台。 真のオールラウンダー!! ホワイトとマットブラックのありそうであまり見かけない組み合わせが洗練さを引き立てています。 本来の無骨さとこの色合いによる洗練された雰囲気とを持ち合わせたCRANKお薦めの一台となります。 強烈な存在感を持つGクラスなんですが、何故か都会にもマッチするんですよね。無骨なだけではなく、女性的で繊細なラインを感じる時があるんですがそのあたりなんでしょうか…。 各分野のデザイナーさんやクリエイターさん達と一度しっかり議論したいなと思ったりしています。 CRANKが選んだこの年代のGクラス。ほどよいVintage感が大人を感じさせてくれます。 是非、CRANKのお店でご覧になってくださいね。予めのご予約をいただければ、お待ちいただくことなくご入店いただけます。 リモートでのご紹介も対応可能です。 お問い合わせをお待ちいたしております!!